2009年02月13日

新潟県が無条件の国直轄事業負担金拠出に難色!地方が主体性を発揮!

新潟県も国直轄事業負担金の支出に疑問。国と地方、地方と地方の在り方が問われている!

新潟県の泉田裕彦県知事が、北陸新幹線の建設費負担の増額(220億円)について、国からの十分な説明がないとして2009年度の予算案に組み込まない可能性があることを示唆した。泉田知事が会見で明らかにし、各社が報じた。

国の直轄事業負担金については、大阪府の橋下徹知事が、2009年度予算の建設事業費2割カットによる府財政立て直し策の中で、支払いを拒否することを表明している。泉田知事が支払いについて、難色を示したのは、この動きに近いといえる。

報道によると、新潟県は国直轄事業負担金制度について、以前から、@地元に決定権がないA国が全額を負担すべき−という議論があり、大阪府に続いて、国と地方の在り方に一石を投じた格好になる。冷え込む世界同時不況の中、来年度の税収の大幅減少は避けられず、地方公共団体の財政が厳しさを増す中、当然といえば当然な考え方だろう。

ただ、周辺の県は「寝耳に水」の格好だ。09年度に本格的な議論をするものと考えていた首長は困惑の様子だという。

多都道府県にまたがる事業を実施する際には、国によるとりまとめが効率的な場合もある。しかし、これまでの中央集権的な政策では、地元の意見が十分に事業に反映されないといった弊害があったことも事実。そのひずみがここにきて、国と地方の在り方について、改めて問題を投げかけている。

「聖域なき改革」は小泉純一郎元首相のスローガンだったが、これからは「境なき対話」が必要になってくるのであろう。

今こそ、21世紀型の政策が国民目線で実施できる体制を構築していく時期だと感じる。
posted by t.writer at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

子どもを守れ!「親」の責任。

幼児虐待。またもや“同居の男”による犯行。子どもを守れ!

大阪府警は6日、同居女性の長男(6歳)の体にろうそくのろうを垂らすなどの暴行を加え、2週間のケガをさせた生涯の疑いで、大阪府内の店員の男(27歳)を逮捕した。報道各社が伝えた。

報道によると、男は調べに対し、「おねしょをなおすためだった」などと供述し、容疑を認めている。男は母親の女性とこの男児の3人暮らしで、同府警は、日常的な虐待があったかどうかについても調べるという。

まだ、6歳の男児。年長か、小学1年生の幼さだ。当然、男の腕力にかなうはずもなく、理由も分からない暴行に、心の底から恐怖を感じていたに違いない。男児からしてみれば、男は鬼そのものだっただろう。心が痛む。

母親はただ見ていただけだったのだろうか、それとも不在だったのか、それとも必死で止めようとしたのか。

必死で止めようとしたと信じたい。でなければあまりにも男児が不憫だ。

母親の同居男性による暴行が繰り返されている。全国的に見ると、残念だが、死亡に至るケースも後を絶たない。

「親」として何を子に成してやれるか...。社会全体が見つめ直さなければならない。
posted by t.writer at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻生太郎首相の郵政民営化反対だった発言。呆れて...。

麻生太郎首相の迷言集に新たな1ページ。何を考えているのか...。

麻生太郎首相の“迷言集”に新たな1ページが加わった。5日に開かれた衆院予算委員会で、郵政民営化について反対だったことを表明。「(郵政民営化を議論していた当時)私は総務相だっただけで、濡れ衣を着せられると面白くない」と述べた。

さらに、日本郵政グループの4分社化体制を見直すべきだという見解を示した。

これに対して、野党は一斉に反発。民主党の山岡賢次国会対策委員長は「無責任で考えられない発言。時の様子を見ながら変節するのは国民への裏切りだ」と厳しく批判。自民党内からも小泉純一郎元首相を支持するグループを中心に批判の声が挙がっている。

平成17年に行われた衆院選挙、いわゆる「郵政選挙」では、郵政民営化に反対する自民党議員の選挙区に“刺客”が送り込まれるなど、生々しい選挙戦が繰り広げられた。

自民党はこの選挙で大勝。自民公明の連立政権が衆議院で3分の2を超えていることから、参議院で与野党逆転のねじれが生じていても法案を無理矢理、可決することができている。麻生首相はそうした背景を背負って首班指名を受けている。首相の発言としていかがなものかという意見は当然だ。

4分社体制の見直しの検討をこの時期に示唆したのは、衆院解散・総選挙を見据え、集票マシンと言われる堅い組織票を持つ全国郵便局長会などと関係を改善し、少しでも多くを集票したい意図が見え隠れする。

見直しの検討は、大いにやるべきだ。机上の計算が、実情に合わないことはよくあることだ。やってみて悪かった点は改善を図る、これは当然のことといえる。民間企業なら、最初に取り決めたから、いくら効率が悪かろうが、当初の通りに進めます、という話にはならない。

利用者の利便性、全国的な公平性が十分、担保できる方法論で柔軟に見直し行うことは必要だろう。

ただ、一国の首相が中心的にかかわってきた改革を「反対でしたが、賛成しました」と言うのは道義的に許されないし、信用もされない。

呆れて口が閉まらない。
posted by t.writer at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民か民主か?国民の選択。麻生政権と国民感情との乖離!

麻生太郎政権。国民目線との大きな乖離。

読売新聞と早稲田大学が共同で実施した世論調査(1月31日、2月1日)で、自民党と民主党の政権担当能力に対する有権者の認識が前回調査(12月)に比べて、さらに接近したことが分かったという。

これによると、自民党に政権担当能力が「ある」と答えた人は54%、民主党についての同様の質問については51%が「ある」と答え、差は3ポイントとなったという。昨年10月に実施した調査時点では、その差は21ポイントあったことからわずか5カ月足らずで、急接近したことになる。

前回調査時点は発足したばかりの麻生太郎政権に対する国民の期待がまだあった。底が見えない不況、非正規・正規を問わない失業者の急増、実感のない緊急景気対策、迷走しがちな麻生太郎首相自身の発言などで、国民の信頼が失墜したことがうかがえる。

ただ、「民主党に一度、政権を任せてもよい」と思う人は今回は64%、前回調査は65%で、自民党離れが進む一方、民主党の政権担当能力への信頼感は高まっていないようだ。

下がり続ける内閣支持率。既にこれ以上は下がりようがない水準まで下げている。自民党離れも進み、政府の政策に対する国民の信頼感もない。この現状を麻生首相はどのように受け止めているのだろうか。

2009年度予算案が成立した段階で進退を判断することになるのだろうか。
posted by t.writer at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

橋下知事が負担金支払い拒否を再度表明。霞ヶ関の反応は?

橋下知事が負担金支払い拒否を再度表明。霞ヶ関の答えは?

大阪府の橋下徹知事は5日、国の直轄事業負担金について、一部予算計上しない考えを強調した。地方財政法では国の直轄事業の事業費、施設の維持管理費の一部を地方が負担することを義務づけている。報道各社が伝えた。

大阪府は府の財政を立て直そうと、編成中の2009年度予算の建設事業費を2割カットする方針。橋下知事は同じ割合で、負担金についても削減する意向という。

橋下知事は「法律違反だと思うが、(国民からの)何の支持も受けていない霞ヶ関の役人の意志に従う必要はない」ときっぱり。「府民の総意だというような政治感覚で、国に意思表示をする」と述べたという。霞ヶ関への国民の支持と、橋下知事への府民の支持を比較に挙げ、「選挙で判断してくれる」と選挙を経て知事に就いた負託の重さを強調した。

以前から、負担金の支払い拒否を表明してきた橋下知事だが、予算議会開会直前のこの時期に再度、念を押したことで、意志の固さがうかがえる。実際にそのような予算案になるのだろう。

霞ヶ関は、この地方の不服従にどんな反応を見せるのだろうか。

確かに、中央官庁は日本国土全般を捉えて仕事をしなければならないし、取り組んできたのだろう。

しかし、高度情報化社会の進展で、地方はより個性的になり、十把一絡げの対応では行き詰まるケースが出てきている。今回だけでなく、橋下知事の言動は決断は刺激的だが、地方の声、とりわけ、生活者の声を代弁しているといえる。利権が絡む場合は、対立した意見が存在するから、当然、反発はあるだろう。

いずれにしても橋本知事はボールを投げた。霞ヶ関がどんなボールを投げ返すのかみてみたい。ぜひ、画期的な判断を見せてほしい。
posted by t.writer at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。