2009年02月06日

子どもを守れ!「親」の責任。

幼児虐待。またもや“同居の男”による犯行。子どもを守れ!

大阪府警は6日、同居女性の長男(6歳)の体にろうそくのろうを垂らすなどの暴行を加え、2週間のケガをさせた生涯の疑いで、大阪府内の店員の男(27歳)を逮捕した。報道各社が伝えた。

報道によると、男は調べに対し、「おねしょをなおすためだった」などと供述し、容疑を認めている。男は母親の女性とこの男児の3人暮らしで、同府警は、日常的な虐待があったかどうかについても調べるという。

まだ、6歳の男児。年長か、小学1年生の幼さだ。当然、男の腕力にかなうはずもなく、理由も分からない暴行に、心の底から恐怖を感じていたに違いない。男児からしてみれば、男は鬼そのものだっただろう。心が痛む。

母親はただ見ていただけだったのだろうか、それとも不在だったのか、それとも必死で止めようとしたのか。

必死で止めようとしたと信じたい。でなければあまりにも男児が不憫だ。

母親の同居男性による暴行が繰り返されている。全国的に見ると、残念だが、死亡に至るケースも後を絶たない。

「親」として何を子に成してやれるか...。社会全体が見つめ直さなければならない。
posted by t.writer at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113771517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。