2009年02月06日

麻生太郎首相の郵政民営化反対だった発言。呆れて...。

麻生太郎首相の迷言集に新たな1ページ。何を考えているのか...。

麻生太郎首相の“迷言集”に新たな1ページが加わった。5日に開かれた衆院予算委員会で、郵政民営化について反対だったことを表明。「(郵政民営化を議論していた当時)私は総務相だっただけで、濡れ衣を着せられると面白くない」と述べた。

さらに、日本郵政グループの4分社化体制を見直すべきだという見解を示した。

これに対して、野党は一斉に反発。民主党の山岡賢次国会対策委員長は「無責任で考えられない発言。時の様子を見ながら変節するのは国民への裏切りだ」と厳しく批判。自民党内からも小泉純一郎元首相を支持するグループを中心に批判の声が挙がっている。

平成17年に行われた衆院選挙、いわゆる「郵政選挙」では、郵政民営化に反対する自民党議員の選挙区に“刺客”が送り込まれるなど、生々しい選挙戦が繰り広げられた。

自民党はこの選挙で大勝。自民公明の連立政権が衆議院で3分の2を超えていることから、参議院で与野党逆転のねじれが生じていても法案を無理矢理、可決することができている。麻生首相はそうした背景を背負って首班指名を受けている。首相の発言としていかがなものかという意見は当然だ。

4分社体制の見直しの検討をこの時期に示唆したのは、衆院解散・総選挙を見据え、集票マシンと言われる堅い組織票を持つ全国郵便局長会などと関係を改善し、少しでも多くを集票したい意図が見え隠れする。

見直しの検討は、大いにやるべきだ。机上の計算が、実情に合わないことはよくあることだ。やってみて悪かった点は改善を図る、これは当然のことといえる。民間企業なら、最初に取り決めたから、いくら効率が悪かろうが、当初の通りに進めます、という話にはならない。

利用者の利便性、全国的な公平性が十分、担保できる方法論で柔軟に見直し行うことは必要だろう。

ただ、一国の首相が中心的にかかわってきた改革を「反対でしたが、賛成しました」と言うのは道義的に許されないし、信用もされない。

呆れて口が閉まらない。
posted by t.writer at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。