2009年02月04日

大失業時代到来!犯罪に手を染めてしまう失業者を救え!

大失業時代到来!犯罪に手を染めてしまう失業者を救え!

埼玉県警は元派遣社員で無職の男(26歳)が神社の拝殿にライターで火を着けたとして、非現住物等放火の疑いで逮捕した。報道各社が伝えた。

男は調べに対し、派遣切りで住むところもなく、むしゃくしゃしてやったと供述。「悪いことをした。逃げられないと思った」などと容疑を認めているという。

報道によると、男は埼玉県内の自動車工場で派遣社員として働いていたが、昨年12月ごろ、派遣切りにあった。1月中旬に寮を退去し、県内のネットカフェで2月2日から3日までを過ごしたところで所持金が20円になったため、神社の拝殿で寝ようとしたものの鍵がかかっていて入ることができず、「腹が立って火を着けた」としている。

放火した後、10円を使って警察に通報。逮捕時には5円硬貨を2枚を所持していただけだった。

男の犯行は許される行為ではない。ただ、不況の波で失業者が増えれば、確実に治安が悪くなることを浮き彫りにする事件という意味で、恐ろしさを感じる。

日本の景気の底はまだまだ見えない。職を失った失業者が恐喝や強盗、建造物侵入といった犯罪行為をはたらくケースが明らかに増加している。今後、益々、発生するかも知れない。

日本政府は緊急雇用対策に取り組んでいるものの、その効果が表れている実感を持つ国民は少ないだろう。

派遣切り等、失業者で、日本政府の取り組みを知らない人もいるかも知れない。

日本政府は、100年に一度の経済危機の中、最低限、国民が将来に不安なく、平穏に過ごすことができるよう、力を尽くさなければならない。少なくとも窮乏的な犯罪者を出してはならない。
posted by t.writer at 10:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。


初コメになります。

朝まで仕事していたので、今起きて

寝ぼけながら、PC覗いています。

ブログみさせていただきました。

応援してます(^^)がんばってください。

また寄らせていただきます。

では失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年02月06日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113653290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。