2009年02月03日

公務員「渡り」廃止へ。麻生首相が国会で明言!

公務員の渡り、年内に廃止の政令策定へ。麻生首相が明言。

麻生太郎首相は3日に開催された衆院予算委員会で、公務員が退職後に天下りを繰り返す、いわゆる「渡り」について年内に廃止する政令を作りたい意向を明らかにした。自民党の田野瀬良太郎氏の質問に答えた。

政府は昨年12月、渡りの斡旋を首相が認めた場合に限り、例外的に容認する内容を盛り込んだ政令を閣議決定。これに反発した渡辺喜美・元行政改革担当大臣が自民党を離党した経緯がある。

麻生首相はこれまでの国会の答弁で、在任期間中は渡りを認めない方針を説明してきたが、閣議決定した政令を事実上見直すことになる。改正国家公務員法は退職した公務員の再就職斡旋を一元化する官民人材交流センターの本格稼働までの3年間は移行期間として渡りの斡旋を認めているが、移行期間を短縮することで対応するとみられる。

与党内の「不十分」という声に押される格好での方向修正。今回に限らず、麻生首相の決断は後手後手に回っている印象が拭えない。
posted by t.writer at 18:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!ちょっと立ち寄らせてもらいました。
よければ、こちらも、遊び来てね(*^_^*)
Posted by かな at 2009年02月06日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。